新潟・南魚沼のとても
小さな農家です。

お米好きが高じて、新潟県南魚沼市で農家さんのお米づくりのお手伝いを始めてから5年。昨年から自分の田んぼをもつようになりました。そして、自分たちが美味しく毎日食べたい、大切な人にも食べてもらいたい、と自信をもって言えるお米を育てています。
こまめに田んぼに行き、稲の成長に合わせて、ていねいに育てることを心がけています。必要の無い農薬は撒かず、田んぼに入って草取りをしたり、稲の生育状態に合わせて、ちょうど良い加減で有機の肥料を撒いたり、稲が本来もつ”育つ力”に寄り添うようにして、無理をさせず、気持ちよくのびのびと育つ環境を整えることをしながら、わたしたちも楽しみながら米作りをしています。

nyufarmのお米
美味しさの8つ理由


1.お米づくりに最適な自然。
南魚沼・八海山の麓。

新潟・南魚沼は”米どころ”と言われていますが、やはりそこにはお米づくりに適した恵まれた自然環境が全て整っている稀な場所である、ということがあります。
冬に降る背丈を超えるような雪が源となり、時間をかけて”山の出汁”ミネラルをたっぷり含んで湧き出てくる冷たく清らかな雪解け水。その雪解け水や水量豊富な魚野川が豊富な養分を運んできた肥沃な土壌。そして八海山をはじめとする山々に囲まれた盆地という地形から、米の生育が進む夏場は、日中は暑く、夜から朝にかけてぐっと冷え込む昼夜の寒暖差。これらの絶妙なバランスによって、稲の成長が促進されて、美味しいお米が実っていきます。

2.稲が喜ぶ環境を整える米作りをしています。

ニュウファームでは、稲が元気に育つ環境を整えること、を念頭に農作業に取り組んでいます。農薬使用は最低限に抑え、肥料も与えすぎず、稲自身がもつ「育つ力」を最大限引き出すよう、こまめに水の管理や雑草の手入れをしています。だから太く力強い稲が育ち、大粒で実がしっかりと詰まった、甘くてもちもち感の強いお米が実ってくれます。

3.稲の間隔を広くあけて
育てています。

ニュウファームでは、 では、通常より間隔を広くあけて稲を植えています。そうすることで、風通しが良く、稲は日光・水・栄養をたくさん取り込むことで病気にもかからず、元気で太く育つことができるからです。こうして育った稲は、大粒で旨味がギュッと詰まった美味しいお米を実らせてくれます。収穫量はその分少なくなりますが、美味しいお米のためには欠かせません。

4.希少な従来品種コシヒカリ
を育てています。

自分が一番好きで美味しいなと思う”従来品種コシヒカリ”を育てています。新潟県のコシヒカリは”コシヒカリBL”というコシヒカリを改良した品種が主流ですが、より甘さともちもち感が強く美味しさ感じるコシヒカリ従来品種にしました。
希少となる南魚沼産”従来品種コシヒカリ”を是非ご賞味下さい。

5.築100年以上の米蔵で玄米のまま低温湿管理しています。

ニュウファームでは、収穫したお米を当農場敷地内の米蔵で、酸化を防ぐために玄米の状態で貯蔵しています。築約100年以上の米蔵は分厚い漆喰壁。年間を通して比較的温度が安定しています。さらに空調設備を導入することで、低温で湿気を除いた、お米にとって最適な環境を保っています。

6.自家精米して発送します。

生産農家であるニュウファームによって栽培管理されたお米ですので、その出来上がり、品質にバラつきがありません。また、管理・保管から精米・発送まで、一環しておこなっておりますので、他の産地や生産者さんのお米と混ざることが無いので、安心してお召し上がりいただけます。

7.精米したてのお米をお届け
します。

お米はなんといっても精米したてが、香り豊かで瑞々しく、美味さが引き立ちます。ニュウファーム では、お客様に新鮮なお米を美味しくお召し上がりいただくために、ご注文をいただいてから、原則お届け日前日に自家精米をして、その日のうちに出荷、翌日お届けとしています(遠隔地等一部地域を除く)。
なお、精米後一ヶ月以内に食べきるのがおすすめです。

8.お好きな精米度合いをお選びいただけます。

お米の風味や味わいかたを、それぞれのお好みや用途に合わせてお選びいただけるよう、ニュウファームでは、精米度合い(玄米・7分づき・白米・無洗米)からお選びいただける商品を多数そろえております。いつもとは違う精米度合いなどを試したりして、お気に入りを探してみるのもいかがでしょうか。